緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

規約はマンション所有者たちの憲法みたいなもの

2015-09-14 コラム・ニュース


◆ 規約とは?

● 分譲マンションのような区分所有建物では、快適なマンションライフを維持するために「建物の区分所有等に関する法律(以下、区分所有法)」によって、区分所有者間の所有関係や権利・義務といった基本的なことを定めている。
しかしマンションと一言で言いましても、立地や構造、規模などがさまざまなように、管理や使用方法もマンションごとに異なる。
区分所有法ではこのような状況を想定し、個々のマンションの実状に応じたルールを定めることができるとしている。このルールブックが「管理規約」だ。

管理規約では、共用部分の範囲、使用方法、理事会の権限や義務など管理組合運営に必要なことが決められていて、いわば「マンションの憲法」と言える。
管理規約は、全ての区分所有者に対して効力および、相続や売買により新たに区分所有者になった人も当然その効力の対象となる。
また、賃借人についても建物等の使用方法に関しては区分所有者と同じ義務を負うので、規約に基づいた使用を行わなければなりらない。
管理規約の定める管理対象は、管理組合の目的が建物およびその敷地ならびに付属施設の管理であることから、これらが対象となりる。この場合の建物には、共用部分も専有部分も含まれる。

◆ 集会で決定

● 集会招集の通知は、会日よりも少なくとも1週間前に、会議の目的たる事項を示して、各区分所有者に発しなければならない。
管理規約を新しく定めたり、変更する場合は、総会にて区分所有者および議決権の4分の3以上の決議が必要になる。
ただし、公正証書による規約の設定の他、全員合意による書面決議によっても可能とされている。
管理規約は、マンションを管理する上で非常に重要であり、マンション毎にそれぞれ異なることを理解したほうがよい。
また、不明な点があったら、管理規約を見て確認する習慣をつけることも大切だ。

トップページへ



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む