緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

マンション経営~敷地と法的規制

2015-10-15 コラム・ニュース


◆マンション経営とは何だろうか?

●投資としてマンション経営をする際ですが、まとまった資金が無い場合ですと、住宅ローンを利用することになります。

●メリットは、「まとまったお金がないと購入できないマンションが、低自己資金で手に入る」ことです。そのために、ローンを組む必要があるのです。マンションを購入するうえで、住宅ローンを活用することにより、比較的早い時期に夢を実現することが出来ます。

●デメリットですが、マンション経営(投資)の目的で住宅ローンを利用する場合、金利負担が変動します。住宅ローンの金利が上昇すれば、当然毎月の返済額も増加します。また、毎月家賃収入はあるが、マンション経営(投資)の運用コストや住宅ローンの返済を差引くと利益が得られず、最悪の場合、赤字経営になってしまう可能性があります。

●このように一長一短の面があるマンション経営ですが、入居希望者が現れるような快適なマンション作りを目指し、安定したマンション経営を行いましょう!

◆敷地と法的規制

●賃貸マンションを経営するうえで適しているかどうかを見て判断する、特に重要なポイントは大きく分けて、「敷地=土地の条件」と「法的規制」の2つがあります。

●土地の広さ、つまり敷地面積は法律的に言うと、100平方メートル(30坪)程度から建設をすることが可能となります。ただ、法律的に100平方メートル(30坪)程度からとはいえ、例えば、駐車場を設置したり、外構を整備したりした、賃貸マンションを経営するために望ましい敷地面積は、330~450平方メートル(100~150坪)程度あることが望ましいといえると思われます。

●また、敷地が広ければマンション経営に有利とは一概に言うことはできません。立地と広さによって単身者向けのワンルームにするのかファミリータイプの2DK~3LDKにするのか、プランに見合った最もふさわしい間取りを決めればいいのです。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む