緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

マンション経営~所有者と任意売却

2015-10-20 コラム・ニュース


◆マンション経営とは何だろう?

●今、家賃という確実な収入が入ってくる、いわゆるマンション経営、すなわちワンルームマンションの運用が脚光を浴びています。たしかにマンション経営は、アパート丸ごと一棟や広めのファミリーマンションと比べたら、はるかに安く手に入りますし、ワンルームマンションは他の投資先よりも有利といえるでしょう。

●しかしかといって有利な話ばかりではありません。なぜなら、マンション経営とはいわば「部屋貸し業」であり、借主がいて初めて成り立つ稼業だからです。どんなに割安で有利な物件を手に入れても、入居者がいなければ何の価値も生み出しません。さらに、生身の人間を相手にしている以上、トラブルを回避することはできないのです。

●家賃滞納や部屋を壊されてしまうなど、入居者の素行の問題はもちろんのこと、空き部屋がなかなか埋まらない、入居したと思ったらすぐに退出する、といったマンション経営の悩みどころである「空き室問題」も、やはり借り手の存在に左右されるものです。

●マンション経営とは決してスマートなものではありません。生身の人間を相手に四苦八苦する、少々泥臭い稼業という意味では、「投資」というよりもむしろ「商売」に近いものと考えるほうが心構えとして良いかも知れません。

●マンション経営は気楽な稼業ではありません。それでもやはり、将来の年金不安や現在の超低金利時代などを考えると、一度は試してみる価値のある、資産運用方法だと思います。

◆所有者と任意売却

●マンションを任意売却する際に、制約を受ける法律内容は、土地や建物の不動産と大きく違います。その法律の一つに「区分所有法」(これはマンション法などといわれる)があります。

●このマンション法には「共有」という規定が定められています。つまり、マンションはその所有者が使用する専有部分とそのマンションの住人皆で使用する共有部分で構成されているのです。マンション法は主にその所有者同士が「共有する」という行為に関して定められている法律です。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む