緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

マンション経営、不動産投資初めての方へ

2015-08-05 コラム・ニュース


◆ 公的年金は信用できる?

● 近年国民の年金制度に対する不安が非常に高まり、逆に関心が非常に低くなってきている。その理由に挙げられることが、少子高齢化問題や年金未納問題により今後の年金支給額が減少することが見えているからだと考えられる。 現在4人~5人で一人の65歳以上の受給者を支えていることになっているが、今後20年~30年の間に2人で一人の受給者を支える状況と非常に厳しい状況が待ち構えている。現在の公的年金の平均支給額ですら65歳以上で年間約280万程度にしかならず、老後の夫婦2人の生活で月々約26万~28万位必要といわれている中、安定した老後生活を向かえることは非常に困難な状況だ。

◆ 生命保険の代わりにマンション投資

● 生命保険は家族を守るために重要なもので、一般家庭で遺された家族が生活を送っていくには、平均で約6800万円が必要資金と言われている。(平成15年 生命保険文化センター「生命保険に関する全国実態調査」による) そして、保険の掛金はというと、やはり数万円は覚悟しなくてはならない。そこで、マンション投資をお考えてみると、住宅ローンを利用して不動産を購入されると、ローンに団体信用生命保険が付帯する形になっている。この生命保険はローンを組んだ方に万が一の事態が起こった場合には、ローンの残債は生命保険会社から返済されるしくみになっている。そこで、残された家族にはローンのない不動産が残り、一定の家賃収入を得るなり、売却して生命保険の代わりとして考えることが可能になる。では、一番気になる保険料はというと、金利の中に組み込まれている形になりますので運用するとついてくる形になっている。

~まとめ~

不動産。その名のとおり、動かない資産と書く。将来お子様が一人暮らしするだとか、ご両親のためにだとか様々な利用価値があるかと思う。永遠になくならない資産を苦労して持つことにより、将来皆様の周りの方がとてもよい暮らしができるのではないかと思う。 また上記であげたように年金、生命保険の代わりになることも念頭に入れると良いだろう。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む