緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

マンション経営をしながら節税、その際の家賃滞納トラブルをどう対処するか

2015-10-30 コラム・ニュース


◆マンション経営とは

~少ない資金で大きなリターンを期待できる投資商品の事~ マンションオーナーになれば、豊かな老後に必要な私的年金を自ら築く事が出来ます。 ローン返済・経費についての問題などは、月々の家賃収入で補えるので、周囲に頼ることもなく、老後の蓄えを作る事が可能です。 そのため、家族に老後の不安を感じさせる事もなくなります。

◆マンション経営で節税?

~マンション経営でできる節税対策~ ①住民税対策 ・・・マンション経営(投資)で賃貸経営を行うと、確定申告で損益通産が出来ますので、住民税の税金対策となり、節税できます。

②相続税対策 ・・・賃貸マンションの敷地は、貸家建付地となるので、相続税評価額が減額されるので、節税出来ます。

③贈与税対策 ・・・「相続時清算課税制度」という、贈与額2500万円まで無税で贈与できるが新設されました。 「相続時清算課税制度」とは、贈与を無税か、もしくは軽い負担で行うことができます。 その時に支払った贈与税額は相続税発生時に清算されます。 そして生前贈与特例による贈与税の税金対策をする事で節税に繋がります。

④人件費 ・・・「法人税の税金対策」として家族の人件費を計上しができます。 ですが、実際に勤務実態が無い場合はもちろん、問題となってしまうので注意して下さい。 給与額は出勤状況・職務内容等を考慮して考え、家族人件費で「法人税の税金対策」を行うと、節税が可能になってきます。

◆家賃滞納トラブルにどう対処するか

~家賃滞納は、原因がマンションオーナーや物件にはあるわけでは無いので、能動的な対策をとる事は難しいものといえます。 オーナーは基本的に、入居者を選ぶことができませんので、入居者の性格については運任せとなってしまいます。 分が悪い事に、家賃の滞納について、近年の政策や法律は入居者(消費者)保護していく傾向にあります。 ですが、社団法人「全国賃貸保証業協会」が入居者の信用情報が閲覧できる「家賃滞納データベース」を作っているので、家賃滞納の前歴があるかどうかを参照し、もしもの対策に使う事ができます。 このような対策も出来ますが、一番は信頼できるマンション投資会社を選ぶことが重要になってきます。 マンション経営を始める際は、始めが肝心という事です。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む