緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

40代からのマンション経営

2015-06-17 コラム・ニュース


 

◆ 40代ともなると、近年の景気低迷や社会保険料負担の増額などで、給料の手取り収入が思うように増えなかったり、家計において子供が私立の学校に進学されたりと学費や仕送りで貯蓄どころか取り崩さないと…という話も耳にします。中には親御さんの介護なども視野に入れなければいけない年代だ。「今日のランチはちょっと我慢しよう」と節約の日々を送っている方もいらっしゃるのではないだろうか。

● 40代、50代は20~30代と違い、本人の能力や資質に関係なく、大きく人生設計が狂った方が多い年代だ。バブル経済の崩壊、税制・年金制度・社会保障制度の改正などによる負担増などが原因。 とはいえ、国が助けてくれるわけではないので、やはり将来の年金の準備もしなくてはならない。サラリーマンの方であれば、老後に向けて準備ができる時間もいよいよ20年をきってきます。若者と違って運用期間にそれほど余裕があるわけでない。大きな損失を出した場合に損失をリカバーする時間もお金も足りない。そのためあくまでも積極的な運用よりも安定運用を目指そう。

◆ サラリーマンにとってマンション経営をする目的の代表が私設年金づくりだ。

● 40代は60歳65歳の退職時期を目標にした場合、残りの準備時間も見えてくる。 ローンを利用する際、40代はまだ長期でローンが組めるため、毎月の返済額を家賃で返済することでき、家計に負担をかけることなくローンの残債を減らすことができる。預貯金や生保の年金商品のように給料からお金をまわし貯蓄を増やすのはとても大変な年代だ。しかしマンション経営は家賃で資産形成していきますので、ご自宅の住宅ローンや子供の教育費が掛っている方でも、家計に負担をかけることなく不労所得をつくることができる。 さらに、株式やFXなどの投資商品と違って短期間で相場が大きく変動するようなものではないので、突然の損失を抱えたり、変動状況を細かくチェックしたりする手間がかからない。本業に支障をきたすこともなく運用していくことが可能なのだ。 よって、まさに今、家計も負担がピークだという方でも、他の金融商品と比べて、大きな変動リスクもなく、少ない資金で効率よく将来の安定収入をつくることができる。  



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む