緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

マンション経営の税金対策について

2015-06-15 コラム・ニュース


 

◆マンション経営とは?

マンション経営とは、マンションを購入して、それを、第三者に賃貸する事によって毎月安定した家賃収入を得ていく事です。ほとんどの方が住宅ローンを活用してマンション経営を始められますが、月々のローンの返済は家賃収入でほぼまかなえますので、1,000円台からのわずかな資金で手軽に始めることができます。金融商品の金利低迷や年金不安の時代にあって、ご自身とご家族の将来をより豊かにするための効率的な資産運用の手段として注目を集めており、20~30代でマンション経営を始められるサラリーマンや公務員の方が非常に増えています。

◆マンション経営の税金対策

マンション経営(投資)で賃貸経営を行うと確定申告で損益通産をする事が出来ます。マンション経営(投資)による賃貸収入から賃貸経営でかかる必要経費(損金)を差引き、その差額が賃貸収入を上回り「税務上赤字」になります。マンション経営(投資)で税務上赤字になる部分を給与所得などから差引くことで「損益通算」となります。そして、所得合計が少なくなる事で、所得税や地方税の税金対策になり、確定申告をする事で「所得税の還付」を受けることができ、節税が可能です。

◆マンション経営のまとめ

マンションを住宅ローンを活用して所有された場合、借入金額に対して「団体信用生命保険」が付与されています。所有者に万が一のことがあった場合、借入残債は保険により全額返済されますので、ご家族は無借金となったマンションと安定した家賃収入を得ることが出来ます。 また売却することにより現金化も図れる資産です。 「団体信用生命保険」は、いわばひとつの死亡保障保険 になりますので、既存の生命保険をスリム化することも可能です。マンション経営を始めると家賃収入により収入が増えますが、一方で不動産経営を行う者として必要経費が認められることになります。必要経費は家賃収入から差し引かれるため、申告所得としてはマイナスになることが多く、不動産所得と給与所得(会社員の場合)を合算して確定申告をすると、所得税の還付と住民税の軽減を受けることができます。また、賃貸用不動産の場合、評価額の軽減が受けられるため、相続税の節税においても有利といえます。  



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む