緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

「お金の悩みは、金融業者に相談してみる。」

2014-12-26 借金・おまとめ


①「お金の悩み。」

「今月は余裕がない」「そんな急に言われても・・・」。今必要だけど、お金がない。そんな事はありませんか?急な出費でお金に困るなんてことは、誰にでもありうることです。そういう時は、どんな方法でお金を手に入れたらよいのでしょうか。

お金が無い時の対処法1.日銭を稼ぐ。 簡単に言えば短期のアルバイトを探しましょうというわけです。本当にお金がない方はこの発想になりやすいと思います。いくつか短期の仕事をこなせばすぐに4~5万ほどは手に入るので、その場でお金を作らなければいけない時は大変便利です。しかし少しお金を手に入れるまでに期間が空いてしまったり、仕事を申し込んで、働いて、お金を貰うまでのプロセスが少し面倒だったり、大変だったりします。

お金が無い時の対処法2.クレジットカードを利用する。 クレジットカードを持っている方はお金がない時こそ有効に活用しましょう。まずクレジットカードの良い点は、支払いがカードを使った翌月に請求されるのが多いので、手元に現金を残しておくことができます。またカードで大きな金額を使ったとしても、リボ払いをすれば来月、再来月と分割して請求されるので月々の負担は大きく減ります。

お金が無い時の対処法3.利息0円のキャッシングがベスト。 キャッシングとはお金を借りることです。もしかしたらお金を借りることに対しては少し抵抗がある人もいるかもしれませんね。しかしそれはかなり前のイメージであると断言してもいいでしょう。インターネットが普及したおかげで、誰でも手軽に借りることができて、しかもまったくお金がかからないのが一般的になりました。

このように色々な方法でお金を稼ぐことが出来ますから、これらを上手く活用して、急な出費に悩まずに備えることも大事でしょう。

②「お金が必要になったから、ローンを組みたい。」

自分の収入から貯金をして将来に備えたり、必要なものを購入しようと考えていても、人生最大のイベント、結婚・出産・マイホーム・子どもの教育資金などは、これまでの貯金のお金だけでは資金が不足する場合があります。そんな時に利用するのがローンです。これらローンは、銀行ローンで取り扱っています。(住宅ローン、カードローン、カーローン、リフォームローン、アパートローン、教育ローン、多目的ローンなどにあたります。)

銀行ローンには何種類かあるのは先にも述べました。各種ローンには、それぞれ特徴があって目的に応じて分かれています。でも注意すべき点もいくつかあり、選ぶ際には銀行によって違いもあるのでよく比較してみるのが大切になります。

カードローンというのもあります。

カードローンはあらかじめ決められた利用限度額(極度額)の範囲内なら、いつでも何回でも借入れることができる方式(極度貸付方式)で、使いみちも自由です。(便利なローンですが、ATM・CDから出てくるお金は、あくまでも借りたお金だということを忘れてはなりません。)

またローンやクレジットをご利用の際には、無理のない返済計画をたて、借り過ぎや使い過ぎに注意するとともに、借金返済のために新たな借り入れは絶対利用しないことが大切です。また、借金返済のために利用するのは返済を後回しにするだけでなく、利息分だけ借金を膨らませていくことになります。結果それが多重債務にもなりうるので注意が必要です。

③「多重債務の悩み。」

いざ、お金を借り始めると、返済計画が思うようにいかなくなり、多重債務者になってしまうことも少なくありません。例えば、すでにある借金を返済するために他の金融業者を回っては借り入れる行為を繰り返し、そのために利息の支払いもかさんで、借金が雪だるま式に増え続ける状態になるなどです。

それには、金融業者間競争で消費者の借り入れが容易になった事と、一人あたりの借入額を増大させることにより、過度の借金依存世帯を生むことにもよるものと考えられます。 金融業者による個人の返済能力を超えた過剰貸付行為にも主な原因がありますが、消費者側の安易な借り入れ依存の体質も一因とされています。

多重債務状態に陥ると個人での解決はきわめて困難となるため、法律事務所を介しての債務整理や裁判所による自己破産手続きを受けるケースが多いです。多重債務では、早期の問題の発見と解決が肝腎であり、多重債務者に対する心理的ケアや家計管理指導を含むクレジットカウンセリングの充実が求められています。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む