緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

「銀行ローン一本化。」

2015-01-05 借金・おまとめ


①「ローン一本化、銀行。」

ローンの一本化をするには、銀行が一番信頼性が高く、低金利のローンが多いのが特徴です。例えば、三菱東京UFJ銀行カードローンの金利は4.6~14.6%で、消費者金融よりだいぶ低めです。また、限度額が高めに設定されているのも銀行の特徴と言えます。しかし、審査は厳しめです。ある程度の年収があっても、自営業の方や収入が不安定な方はより厳しく見られます。そのため銀行より、銀行系の消費者金融に流れる人が多いようです。

より広く人を引き入れているのが消費者金融の特徴です。正社員じゃなくても、パートやアルバイトとして働いていて、なおかつ信用情報にキズがついていなければ、借入れはそう難しくありません。消費者金融の金利は、先の銀行や信販よりは若干高めの傾向がありますが、それでもこの業態を利用するメリットは多数あります。

・審査スピードが早い

・返済方法が豊富(店頭、ATM、インターネット銀行、口座引落など)

・比較的(銀行と信販に比べると)審査に通過しやすい。 また、ほとんどの会社がおまとめローンを実施しています。

②「ローン一本化。」

ローン一本化とは、複数ある借金を、一つにまとめる事を言います。複数の借金を一つにまとめる事で、いくつもあった返済日を一つにまとめ、また、金利が低いところでまとめる事で、毎月の返済額が安くなります。

しかし、ローン一本化にはこれらメリットだけでなく、デメリットも存在することを知っておきましょう。 ローンを一本化する事で、結果的に完済までの期間と返済総額が増える事があります。返済額を安く設定する事で返済期間が延びると、その延びた日にち分の金利で、返済総額が増えてしまう事があるのです。

グレーゾーン金利で取引していた場合などは、過払い金を取り戻し出来る場合があったとしても、利息制限法による引き直し計算がされない場合が多いので、減額・過払い金変換の機会を失ってしまう事があります。

③「銀行ローンの種類。」

・住宅ローンとは… 新築や中古のマンションまたは建売住宅を購入したり、一戸建てを建築したりする際、または既存の住宅ローンの借換をする際には、金融機関等からお金を借りる住宅取得専用のローンの事を言います。ちなみに、現在返済中の住宅ローンを他の金融機関等の住宅ローンに借り換える場合にも利用できます。

・マイカーローンとは… 車を購入する際に利用するローン(分割払い)の一種です。金融機関によっては「自動車ローン」、「オートローン」、「カーローン」とも呼ばれており、商品によってさまざまな名称がつけられています。以前は新車購入時に自動車販売会社を通じて申し込むのが一般的でしたが、近年は銀行や信用金庫などの金融機関が個人向けに自動車購入資金の融資を行っています。マイカーローンを利用すると、今現在まとまった資金がなくても、月々の支払いを続けることで新車や中古車を購入することが可能となっています。

・教育ローンとは… 日本においては金融機関が個人を対象に行う、使途を教育関係経費に限定したローンのことです。学生の保護者(扶養者)が、学費などの支払のため利用するケースが多く、なお、学生本人を対象とした金銭的な支援制度としては奨学金、教育費以外(生活費や遊興費)の融資としては、消費者金融の範疇に含まれる学生ローンが知られています。

その他にも金融機関によって、カードローンやフリーローン、リフォームローンなどもあります。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む