緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

ブラックでも借りれるおまとめローンはあるの?

2017-09-26 借金・おまとめ


おまとめローンブラック

どこかの金融業者から融資を受けている方は、たまにブラックの状態になっています。

その状態で、おまとめローンが検討される事もあるのです。

ただブラックの状態ですと、一般的なカードローンなどでは審査に通りづらくなる傾向はあります。ですからおまとめローンで審査に通るかどうか、不安な事もあるでしょう。

それで結論を申し上げると、ブラックでも通る可能性があるおまとめローンは存在します。

たいていは、中小規模の消費者金融がそれを提供しているのです。

例えば、ある静岡地域の金融業者です。

ある銀行のグループ企業なのですが、たとえ過払い請求の経験がある方々でも、申し込みは可能なのです。

その金融業者は、年率は若干高めではあります。最高金利は20%なのですが、比較的柔軟に審査を行っているのです。

それと、ある東京の消費者金融も柔軟に審査を行っています。その業者の場合は、他社とはまた別の基準を採用しているのです。

まだ創業年数が浅いという事もあり、審査には比較的通りやすい傾向はあります。ただし今後の状況によっては、審査基準が変わる可能性はあります。

それで上記の2社は、どちらも中小規模の消費者金融なのです。いずれもおまとめローンを扱っている金融業者になります。

このような金融業者が、いくつか存在します。どの会社も、いわゆる大手ではありません。やや規模が小さな賃金業者になります。

そのような会社規模の特徴はありますが、ブラックでも利用可能なおまとめローンがあるのは事実です。

銀行カードローンはおまとめローン審査ができない!?

おまとめローン審査

近年急速に推し進められる金融業者の統廃合は目を見張るものがあります。

なかでも消費者金業と呼ばれていた企業と銀行の業務提携には驚かされるばかりです。

利用者にとってこの状況は歓迎できるものでは無いのが事実だといえるでしょう。

銀行系カードローンの審査基準が若干緩くなったの事実ですが、消費者金融だった時代に比べると、銀行と業務提携した金融業者の審査基準は厳しくなっていると感じざるを得ません。

銀行との業務提携を行った金融業者は現在「借り換えローン」や「おまとめローン」といった金融商品を積極的に展開しようとしているのですが、やはり以前のような審査基準ではなく銀行系カードローン側に寄った厳しめの審査基準となっていることが感じられます。

独立系金融業者時代と比べると若干利用金利が下がったような気配はするのですが、競争が厳しくなった現在では、大手消費者金業者も金利を下げざるを得ない状況にあり、利用金利の過当競争が今にも始まりそうな雰囲気が濃厚と感じます。

このような側面から推測すると確かに銀行カードローンのおまとめローン審査ができないという現実はあるものの、態勢に影響はないと言えるでしょう。

銀行系カードローンの低金利は確かに魅力的ではあるものの、審査基準の厳しさを考慮すると非現実的な金融商品と考えても問題はないといえます。

銀行カードローンのおまとめローン審査ができないと嘆くよりも、有効なおまとめローンを提供している金融業者の中から最も効果の高い商品を選んで借り換えを行うことが、現状打破の第一歩と言えるでしょう。

おまとめローンの失敗事例~現在の債務の全額を借り換えできないケース~

おまとめローン借り換え

手持ちの現金がないときに気軽に利用できるキャッシングサービスは非常に心強いサービスだといえるでしょう。

気軽に利用してしまった結果、思いもよらぬ返済額に膨らんでしまい頭を抱えている方も少ないと感じます。

そんな状況から抜け出すために「おまとめローン」への借り換えを検討している方が増加傾向にあるのは事実です。

効率的に完済するために複数の業者からのキャッシングを一本化するのは非常に効果的だといえるでしょう。

現状打破するためのおまとめローンなのですが、実は現在の債務の全額を借り換えできないケースが存在するのです。

新規顧客の開拓に銀行系カードキャッシングや消費者金融が積極的にプロモーションを行っているのですが、利用可能額は以前に比べると少額になってきている傾向にあります。

少額案件を数多く扱うことが、現在の金融社のリスクヘッジの主流となっているようです。

そのために一定金額を超過する借り入れをおまとめローンで一本化し、完済への近道を探るというのは意外と厳しい状況になっているといえるでしょう。

新規顧客に対する審査が緩くなっている一方で、貸付限度額も低下しているのが現状です。

人生をやり直すための起死回生の一発になるはずの、おまとめローンの利用限度額が低く抑えられている以上、借り換えのスケジュールを作成する際には十分な返済計画を練ることが必要となってきています。

現在の債務の全額を借り換えできないケースが増加しているのは事実ですが、返済計画を立てる場合おまとめローンは絶対的に有効ですので、十分検討したうえで利用申し込みをすることが必要と言えるでしょう。

おまとめローンの失敗事例~金利が低くなっても返済総額が多くなるケース~

おまとめローン返済総額

手持ちの現金がないときに限って思わぬ出費が必要になるものです。

そんな時に気軽に利用できるキャッシングサービスは心強い存在だといえるでしょう。

そんな気軽さから複数のキャッシングサービスを利用した結果、不本意な結果に苦しんでいる方も少ないと感じます。

そんな窮地に陥っているあなたが起死回生のために「おまとめローン」に目を付けたとしたらそれは大正解だといえるでしょう。

複数の金融業者からのキャッシングに対応するよりも完済への道が開けるのは間違いありません。

複数の金融業者からの借り入れを一本化して返済効率を上げるためには「利用金利」が気になるものです。

しかし実は利用金利が低いにもかかわらず返済総額が増えてしまうケースがあるので気を付けてください。

利用金利が下がることは一見「支払い総額が下がること」だと感じてしまいます。

しかし金融商品は「利子が利子を呼ぶ」システムで構築されている場合が多く、支払っても借り入れ元本が減らないことには結局支払総額は高いままとなってしまします。

注目するべきは金融業者が設定している返済方法であることは間違いないでしょう。

元金均等返済を採用している場合には支払い回数に応じて元本が減少していくので、支払いごとに返済金額が減少していき完済が早く支払総額が抑えられます。

元利均等返済の場合、返済金額が一定で一見低金利に感じるのですが、返済に対して元本が減少しないため結果的には支払い同額が多くなってしまします。

おまとめローンを利用する際には金融業者が設定している返済方法に注目することが有効だといえるでしょう。

おまとめローンの失敗事例~金利が高くなってしまうケース~」

おまとめローン金利

思わぬ出費が必要になった時に簡単に現金が手に入るキャッシングサービスは非常に便利なサービスだといえるでしょう。

しかし複数のキャッシングサービスを利用した結果、想定外の返済に苦しんでいる方も少ない状態であると考えられます。

そんな複数のキャッシングサービスを利用している方たちに朗報と言えるのが「おまとめローン」であることは間違いないでしょう。

しかし意外とおまとめローンで失敗してしまうケースがあることをご存知でしょうか?

新規利用審査の緩い金融サービスは実は利用金利がバカにならないほど高額なケースがあるのです。

「おまとめローンでキャッシングの一本化=支払総額を抑えることができる金融商品」だというイメージを利用した高利回りな金融商品を見かけることがあるので、これには注意してください。

一般的には借入をまとめることは完済への大きな一歩となるはずなのですが、あまりにも新規利用に対する審査が緩い業者などはよく確認すると驚くような利用金利を設定していることがあるのです。

現在は利用額に対する利用金利や遅延賠償金についても、インターネットのホームページ内で公開されている金業者が増えています。

このような利用規約を公開できていない金融融業者に関しては、契約前に契約約款をよく確認する必要があるといえるでしょう。

多くの金融業者はおまとめローンに関して利用者にとって有利な条件を設定しているはずですから少しでも金利の安い業者と、おまとめローンの契約を結ぶことが完済への近道になることは間違いないといえます。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む