緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

不動産経営とは?上手に資産運用して不労所得を得る方法

2017-05-27 コラム・ニュース


不動産経営

数ある資産運用の中でも「安定性」に長けたマンション投資。

単純に言えば、不動産を第三者へ貸し出したり、もしくは売買を通して利益を得ることを目的とした投資です。

マンション・アパートなどを購入して貸し出すことにより、家賃収入を得る。 具体的には上記のようなイメージを持つと分かりやすいかもしれません。

しかし「マンション投資」と聞くと、

・リスクが高そう ・資金が潤沢でないと難しそう ・専門知識が必要

などなど、様々な懸念を抱く人も少なくないでしょう。

では実態はいかなるものなのか?

初心者の人でも分かりやすいように、今回はマンション投資について詳しく解説していきたいと思います。

マンション経営のメリットとデメリットは?

基本的にマンション経営とは、読んで字の通り「購入したマンションを第三者に貸し出すことにより、家賃収入を得ていくシステム」のことです。

ではまず、具体的なマンション経営のメリット・デメリットを解説していくことにしましょう。

マンション経営のメリット

安定して、長期にわたる資産形成をはかることが可能

投資と聞くと、株やFXをまず最初に思い浮かべる人は多いでしょう。

実際これらの投資は人気の高いものと言えますが、投資商品の価値が一気に少なくなってしまう可能性も大いにあります。

それこそ株式を所持している会社がつぶれてしまうような事態になれば、瞬く間に「0」になってしまうケースもある訳です。

その点、マンション経営は不動産という「実物資産」を所持する形になりますので、突然資産価値がゼロになるような可能性は大幅に軽減出来ます。

投資そのもののリスクを踏まえても安定性は非常に高いと言えるでしょう。

自己資金は小額でもOK

マンション購入と聞くと、潤沢な資金が必要だと感じてしまうかもしれません。

しかし、昨今では「ローンを活用」することで少額の自己資金からマンション経営を行う人が増えてきています。

また、特に最近人気が高くなってきているワンルームマンション投資(マンションの1部屋を購入して運用)であれば、物件の価格そのものを抑えることも可能ですので、初心者でも手軽に始めやすくなります。

管理業務の負担が少ない

ご存知の方も多いでしょうが、マンションというのは管理会社が一括で管理業務を行う場合がほとんどです。

その為、投資した本人が管理そのものに費やす時間を大幅に軽減できます。

時間がない人、忙しい人にとっては魅力的なメリットと言えるでしょう。

マンション経営のデメリット

マンションの1部屋に投資する場合、当然収益を得る為には「入居者がいて家賃を支払う」状況が成立していなければなりません。

つまり、空室の場合は家賃収入もないため、収益がゼロになってしまうのです。

ここがやはりマンション経営において忘れてはならないリスクですので、事前にリスク管理をしっかり行った上で運用を行うことが大切になるでしょう。

具体的には、

・マンションの立地、交通の便(駅からの距離など)、環境 ・マンションの設備、管理体制 ・複数の収益物件を運用する分散投資

上記のようなポイントを抑えることが重要になります。

もちろん個人レベルではなかなか難しいでしょうから、プロの手を借りて投資を進めていくのがやはり最も賢いやり方です。

アパート経営のメリットとデメリットは?失敗しない為のポイント

アパート経営がマンション経営と大きく異なる点は「建物1棟を購入して運用」する点です。

一般的に考えると分かりやすいでしょうが、アパートは1部屋だけ購入するケースはほとんどありません。

基本的には1室1室賃貸する形となりますので、運用の際も建物1棟を購入したうえで運用する形となるのです。

アパート経営のメリット

マンション経営と同じく、実物資産の所持になりますのでアパート経営も長期・安定型の資産形成に向いています。

また、1棟丸ごと購入と言ってもローンを活用することにより初期費用を抑えることも可能です。

ではその他のメリットはあるのか?

空室リスクを抑えやすい

1棟全体の運営ですので、1室だけのマンション経営と異なり、たとえ空室があったとしても「家賃収入ゼロ」のリスクは避けやすくなります。

複数の部屋がある為、収入源のリスク分散が可能な点はアパート経営の一番のメリットと言えるでしょう。

土地の資産価値

これもアパート経営ならではのメリットです。

アパートを丸ごと購入する訳ですから、たとえ建物の価値が下がったり、それこそ建物がなくなってしまった場合でも「土地」という資産は残ります。

資産減少のリスクを考えたうえでも、最低限の資産を残せる点は長期的な運用計画を立てる上で魅力的です。

建物の運営自由度が高い

マンション1室の所持となると、修繕やメンテナンスをオーナー一人の意志で自由に決定するのが難しくなります。共有部分ともなれば勝手にいじることが出来ないのは当然の話。

管理会社などに掛け合い合意を得る必要が出てくる訳ですが、アパート1棟を運用するアパート経営ではその懸念を回避することが可能です。

例えば空室が増加したり、建物が老朽化した際でも、オーナーの判断で手を加えるか否かを決定できますので運営自由度はおのずと高くなるでしょう。

アパート経営のデメリット

アパート経営におけるメリットの「裏返し」がある意味デメリットであると考えても良いかもしれません。

建物の修繕などを自由に行いやすいと言いましたが、実際に修繕を行えば、その分修繕費用の負担がかかってくることになります。

かといって、修繕をしないまま放置しておけば入居者の反発を食らったり、新たな入居者を入れたい際にもよくない影響を与えかねません。

また、アパート1棟となれば当然マンション1室よりも全体的な投資額は大きくなりやすいでしょう。

その為、立地や周囲の環境を考慮して物件を選ばなければ、効率的な運用が難しくなるケースも出てきます。

もちろん「駅チカ」など、立地が良いほどに土地代は高くなりますので「投資額」と「収益」のバランス見極めが難しくなるのです。

マンション投資で失敗しない為のポイントは?

マンション投資失敗しないポイント

マンション経営、アパート経営それぞれの特徴を紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

リスクの低さで人気の高いマンション投資でも、思いのほか色々なデメリットが存在すると感じたかもしれません。

ですがあえてここではっきりと言っておきましょう。

株であれFXであれマンション投資であれ・・・

必ず成功する投資など存在しません。

どのような投資にもリスク・デメリットはつきもの。要はどれだけそれらの懸念要素を抑えて、メリットを引き出すか?

ここが成功の確率を高めるポイントなのです。

その点、個人の判断にゆだねられる割合が大きい株などと比較すれば、マンション投資はリスク管理の行いやすさ、安定度の高さにおいて優れた投資だと言えるでしょう。

その上で大切なのは、あくまで「プロのサポートをうまく活用すること」です。

・自分に見合ったメリット ・十分なリスク管理・分散

上記のような、メリット・デメリット両方をケアしてくれる専門家の元で投資を行うことが、最も重要なポイントのひとつだと覚えておいてください。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む