緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

パート主婦の不動産経営!!!

2015-10-01 コラム・ニュース


◆不動産とは

●不動産とは、民法で土地と定着物で定義されることになっています。しかし日本の民法だと、土地は土地、定義物は定義物でそれぞれ有していることになります。

その不動産の代表的なものを挙げるならば、それは土地です。個数そのものは土地登記簿の表題部上の分界線によって定義され、その単位は「筆」とされています。

●対称的に定義物も不動産としてカウントされますが、前述の土地とは分けてカウントされます。一般的には建物自体が不動産としてカウントされますが、岩や樹木などと云った、はじめからそこにあるものも不動産として定義されています。

極端な話になりますけど、温泉街ならば温泉も不動産として定義されることになるのです。之原は特別法によるものです。

土地構造物ならば土地とセットで取り扱われますが、独立した不動産ならば、取引そのものは別に行われることになります。

と云ったように、不動産はこのように定義されているのです。

◆パート主婦の不動産経営!!!

●不動産経営と云えば、1980年中旬から1990年代前半までの時代は富裕層などと云ったごく限られた層による不動産経営でした。 その手法をひも解くならば、当時の不動産経営は投資しまくってからいい感じの値段になり、その後は一気に売却して巨万な富を得るやり方でした。バブル景気に浮かれながら、勢いで投資しまくり、ちょうどいい感じになったら売却するという短期的経営手法によるマンション経営をしていたのです。

が、平成3(1991)年のバブル崩壊後は長い平成不況へと突入し、バブル期の頃に投資するはずが、大きくリバウンドうするかのように一気に借金が膨れ上がり、結果的には借金返済そのものが火の車になったため、自己破産したものが後を絶ちませんでした。

●その後、不動産経営が脚光を浴びましたが、バブル期の短期的不動産経営を反省し、中長期的不動産経営へとシフトチェンジしました。

というのも、将来の年金不安や老後に備えての貯蓄をしておきたいと真剣に考えたサラリーマンやOLさんなどといった所謂会社員の方々が、マンションなどと云った不動産経営に携わるようになり、不動産経営は大きく様変わりしたわけです。

●マンション経営などと云った不動産経営をしているのは、何も会社員の方々ではありません。何と、パート主婦の方々もマンション経営をするご時世になったのです。バブル期と比べマンション経営に携わる人々が大きく様変わりしたわけです。

その背景には、やはり将来の年金不安や老後への貯蓄だそうで、そういう意味での事情はサラリーマンやOLさんと同じなのです。 スーパーなどと云った仕事先で普段通りの仕事をこなすパート主婦も、仕事をしてるという意味では立派な務め人になるのですから、会社員とそん色はないのです。

●中長期的に見るならば、パート時代の臨時収入の役割を果たしてくれますし、その臨時収入は貯蓄として自動的にシフトされ、老後を迎えたときには安定した貯蓄として役立つことになります。また、年金不安による公的年金の補填をしてくれます(私的年金)ので、年金不安になっても困るようなことはないのです。

マンション経営も、夫婦で行っていることも実際にある話なのです。と云う事はパート主婦でもマンション経営が出来ますし、その夫も別にマンションを経営してしまえば済む話ですので、夫婦で将来への蓄えが作れることになります。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む