緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

不動産経営でペイオフ対策をしよう

2015-09-25 コラム・ニュース


◆ ペイオフとは

● ペイオフとは、金融機関が万一破綻したときに預金者を保護するため、金融機関が加入している預金保険機構が、預金者に一定額の保険金を支払う仕組みのことだ。90年代に入り、金融機関の不況を背景に、政府はペイオフを凍結、2002年3月末までは、預金者の預金は一定額ではなく全額保護されることになった。 その後2002年4月からペイオフが解禁となり、払い戻し上限額が預金者1人につき元本1000万円とその利息までとなっている

◆ 資産3分法とは

● 「資産3分法」という言葉をご存知だろうか?

これは、資産を不動産、預金、有価証券の3種類に分散させる手法のことをいう。 預金だけでは資産は増えないし、有価証券((株))だけではリスクが高すぎるので、平均的に分散し、リスクヘッジしながら、同時に資産を増やしていく手法だ。

この手法をもとに、ペイオフの解禁という制度改正を機にあなたの資産を保持するだけではなく、効率的にリスクを伴わず増やしていけることを考えていくことが、これからの資産形成のポイントになる。

マンション投資はバブル期の頃は投資額も高く、いわゆる、キャピタルゲインのみを狙うような商品だったが、現在では都心の新築ワンルームタイプで2000万程度で家賃収入も8〜10万円程度が見込め、5%の利回りが見込める、極めて安心感の高い金融商品になった。

しかも、今後、国の財政悪化の対策としてインフレになる傾向から、現金より固定資産である不動産が有利であるとの認識が大勢を占めてきている。

◆ マンション経営のペイオフ対策とは

● リスクが最も少なく、安定した利回りを長期に渡って確保できるマンション投資をペイオフ対策の有効な手段として検討してみてはいかがだろうか。

トップページへ



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む