緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

不動産経営で失敗しないために知っておくべきこと

2017-07-27 コラム・ニュース


不動産経営

不動産経営で失敗しない為に知っておかなければならないことは一体何でしょう。

今回は、これからマンション投資を始めることによって半永久的に家賃収益を得続け、ローリスクで長期に渡り賢く資産形成をしていくことを御考えの方へ向けて、私自身のこれまでのマンション投資経験を交えながら、且つ親交のある不動産経営者の数々の投資事例を紹介しつつ、失敗しない不動産経営について御説明していきたいと思います。

不動産経営には勿論、メリットもあればデメリットもあります。

しかしながらメリットとデメリットはどんな投資方法にも存在し、マンション投資に限ったことでは有りません。

マンション投資を始めるにあたって先立つものは収益物件です。

不動産経営に必須の収益物件は新築マンションの方がいいのか、それとも中古マンションの方がいいのか。御自身のマンション投資スタイルに合わせて考えてみることも必要でしょう。

不動産経営をスタートするのは早ければ早いほど良いのです。

ほんの少しの興味でも御有りの方や、この記事を機に僅かでもマンション投資に御興味を持って頂けました方が居られましたら、不動産コンサルタントFP事務所の無料相談へ是非お問い合わせしてみて頂けましたら幸いです。

不動産経営のメリットとデメリット

fguhvujf

遥か昔から行われて参りましたマンション投資ですが、近年更に人気が急激に高まっています。

大幅な金融緩和も手伝い、不動産経営の更なる人気急上昇の変化に伴い、ちょっとした変化が出て来ています。

それはマンション投資を新たに始める割合の多数が、一昔前のイメージにある地主や高所得者ではなく、一般のサラリーマンにシフトしているという点です。

では何故、一般のサラリーマンがこれ程までにマンション投資を始めているのでしょうか。

どんな投資にもメリットとデメリットは有りますが、不動産経営による投資方法は、他の数多くある投資方法のなかでも、ずば抜けてデメリットが低く、驚く程にローリスクであるという点にあるのではないかと思われます。

マンション投資メリットは自己資金がゼロ円から始められ、金融機関からの融資を軍資金にスタート出来る上に、家賃収入という末永く得られ続ける収益が見込めるところです。

株やFXのようなハイリスク・ハイリターンなギャンブル性が著しく低く、普段会社員として忙しく過ごしている一般のサラリーマンも安心して安定した収益を得られ続けます。

やり方によっては派手なリターンも見込めますし、近年の不安定な経済状況にある先進国において、非常に人気のある投資方法です。

ですが勿論、デメリットも有ります。

1番のデメリットは空室に伴い家賃収入による収益がストップしてしまう可能性もゼロではないという点です。

しかしながら、昔から行われてきたマンション投資ですから、そこには裏付けされたデメリットの回避方法が存在します。

他には家賃下落の心配もありますが、購入当初に比べ急激に家賃が下落してしまったという話は殆ど耳にしたことは有りませんし、よっぽどの利便性の悪いとんでもない田舎にでも購入しない限り、そこには高確率での賃貸需要が有ります。

これらのことから考えても、不動産経営によるマンション投資というのにはデメリットはほぼ存在しないことになります。

何故ならデメリットの殆どがちょっとした回避・工夫でデメリットでは無くなってしまうのですから。

不動産賃貸経営に関しましても、経営の実態として購入後は、収益物件の管理は管理会社に任せてしまう不動産オーナーが殆どかと思いますので、一般のサラリーマンが投資用不動産のオーナーになった後は主には賃料の振込みの確認くらいでしょう。

不動産経営によるマンション投資方法は、まさに不労所得のなかでも代表的なものに分類されます。

どんな投資にもメリット・デメリットは付きものです。

新築マンションと中古マンション、それぞれのメリットとデメリット

マンション投資を始めてみようと考えたことのある方でしたら、1度は投資用物件をインターネット等で探してみたことがお有りの方は多いのではないでしょうか。

そして実際に投資用ワンルームマンション等を探し始めると、新築マンションと中古マンションでは、どちらの方がより良いのだろうかと悩んだ経験もお有りかと思われます。

新築マンションも中古マンションも、どちらにもそれぞれのメリットがあるので迷われるのは仕方の無いことです。

新築マンションには「新築」という付加価値が必然的について来ますので、賃料が多少高く設定されていても入居希望者は多く、家賃収入による収益が高額になります。

更に新築物件は室内設備も最新の物を備え付けてあり、中古物件に比べて当面の間の修繕費用等の投資用マンションの維持費が不必要であると言った魅力があります。

新築投資用ワンルームマンションの収益物件を選ぶ時には、中古の投資物件を購入する際と同様、日当たりやベランダからの景色、物件周辺の環境も重要視して物件購入をする様に致しましょう。

もし投資用マンションを中古物件でお考えでしたら、投資物件の購入価格が新築の投資用マンションと比較して非常に安く済みますし、出来るだけ室内内装の綺麗な収益物件を購入すれば直ぐに賃貸出来、家賃収入としての収益を得る事が出来ます。

投資用ワンルームマンションでは最も賃貸需要の高いのは単身者ですので、なるべく立地の良い場所に数年以内の投資用マンションをオーナーチェンジで購入するのがベストかと思います。

投資用不動産による収益での資産運用を目的に投資用マンションを購入するのであれば、需要と供給の合致した的確な市場価格での投資用物件の購入が可能になる中古物件を購入することもお勧め致します。

中古価格での投資用物件の購入は、購入価格が安く済む分、高利回りも大いに期待出来ます。

今が不動産経営の始め時って本当!?

不動産経営は難しく、初心者では中々手出しし難い投資方法だと思っていませんか。

不動産経営は実は非常にシンプルで、初心者にも分かり易く、数多くある投資方法の中でも最も成功率が高く、安定性に優れた投資方法です。

マンション投資は今や一般の会社員が投資している割合が最も多く、その大半の方は20代や30代でのマンション投資をスタートさせています。

若いうちから不動産と言う高額な買い物が出来るほどの資金を持っている人は稀ですし、寧ろ貯金額なんて関係ないのです。

マンション投資は数多くある投資の中でも唯一、金融機関からの融資により始められる、自己資金ゼロ円スタートが可能な投資方法です。

先述でも申し上げました様に、近年の金融緩和により、若い一般のサラリーマンの方でも金融機関からの融資を非常に受け易くなりましたので、想像しているより遥かに気軽に不動産経営というのはスタート出来ます。

それどころか、普通のサラリーマンだからこそ可能なのです。

一般企業に勤めているサラリーマンの方が金融機関側も安心して融資付け出来ます。

マンション投資は安定的に長く家賃収入と言う収益を得続けていく投資法になりますので、若いうちからスタートさせ時間に余裕があった方が、最終的に得られる収益額は必然的に大きな金額になります。

ですから若い世代から不動産経営を始め、マンション投資による収益額を大きくすることは大切なことなのです。

マンション投資は始めようと思った時に、なるべく早く始めることをお勧め致します。

不動産コンサルタントFP事務所では若い世代の不動産経営に興味をお持ちの皆さまにも安心してマンション投資を始めて頂けますよう、不動産経営に関する知識がゼロからでも、マンション投資の成功迄のお手伝いをさせて頂ければと考えています。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む