緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

マンション投資の年金対策!年金の基礎から簡単解説!

2017-07-18 コラム・ニュース


年金への不安が年々高まる中、自ら投資を行い将来設計を立てる人も比例して増えているようです。

しかし、ひとくちに「投資」といってもその方法、スタイルは人それぞれ。

そこで今回は年金の基礎知識と共に、年金対策として用いられている投資について詳しく解説することにしましょう。

なぜ対策が必要?年金の基礎知識を知る

そもそも年金に関しては、保険料のひとつだとイメージすれば良いでしょう。

「保険料を支払い、支払った保険料をベースに将来的にお金を受け取る」

このような形でイメージすると分かりやすいかもしれません。

しかし年金を受け取れるにも関わらず、なぜ年金対策が必要になるのでしょうか?

これを理解するには、まず年金の基礎的な知識を理解しておくことが大切になります。

年金の仕組みと基礎知識

まず、一般的に年金と言われるものは「公的年金」制度を指しています。

公的年金とは加入が国により義務付けられている年金制度のこと。2種類(以前存在した共済年金は廃止)に分かれており、それぞれの概要は以下のようになります。

厚生年金…会社員や公務員が加入。

国民年金…日本に住む20歳以上60歳未満のすべての人が加入する。「基礎年金」とも呼ばれるもの。

難しく考えず、職業により加入する年金制度が異なると考えてください。

ちなみに厚生年金に加入している人は、支払った保険料の一部が国民年金の支払いへ自動的に回されますので、国民年金にも加入していることになります。

つまり、「国民年金だけに加入している人」「国民年金にプラスでもう一つ年金に加入している人」がいるようなイメージを持つと分かりやすいでしょう。

両者を比べると、当然厚生年金に入っている人の方が受給額も高くなり、たとえば平成27年度の行政による報告では以下のような違いが出ています。

・国民年金の平均支給額:月額「55,244円

・厚生年金の平均支給額:月額「147,872円

数字にして、3倍弱もの開きが出る結果となりました。 ※厚生年金は個人差が大きいため、あくまで目安として考えましょう。

年金対策が必要とされる理由

さて、まずは年金の基礎知識についてご紹介しましたが、では何故年金対策が必要であると考える人が増えているのでしょう?

理由はいくつかあります。

年金制度の将来性を不安視

メディアや新聞でもたびたび話題になっていますが、将来年金の受給額は削減されるという見方が強まっています。 実際、世論でも「年金制度を不安視する」声は多く、年々その傾向は高まり続けるばかり。 その為、年金に頼らず自ら資産を増やす・貯蓄する対策を取る人が比例して増加していると考えられるでしょう。

年金だけでは不十分

仮に年金が受給されたとしても、そもそも年金だけでは不十分だと考える人も多いようです。 例えば生命保険文化センターが公開した「平成28年度 生活保障に関する調査(速報版)」によると、ゆとりある老後の生活に必要な金額の平均は「34.9万円」。 確かにこの金額を見ると、年金だけは不足しがちだと感じても致し方ないでしょう。 年金の受給額とは別に、「ゆとり」を得るため資産運用を行う人が増えるのも自然な流れなのかもしれません。

年金対策の具体的な内容を一覧で紹介

前述の通り、年金制度に不安を覚える人が増加傾向ある昨今。

具体的に世間の人たちはどのような年金対策を行っているのでしょうか?

ここからは代表的な年金対策を一覧で紹介したいと思います。

年金タイプ

ここで言う「年金タイプ」とは公的年金とは異なり、あくまで公的年金の上乗せと考えてください。

具体的に言うと、以下のような種類が挙げられます。

個人年金

個人で積み立てを行い保険会社が運用を行う。給付金額が隠しているため安心感はあるが、中途解約すると受取額が減少するなどのデメリットもある

確定拠出年金(401k)

中途解約は原則不可だが運用を本人が行える為、変化に対応しやすいところがメリット。また節税効果も大きい。ただし、その分運用次第で受給額が増減する。

その他にも、受給できる年齢が定められていたり、手数料がかかる点、インフレリスクなど、気をつけなければいけない点が複数存在します。

それぞれメリット・デメリットが存在するため、特徴を把握した上で選択すること。また、リスクマネジメントをしっかり考えられる人でなければ難しいとも言えるでしょう。

マンション投資

保険的な特色と異なる年金対策の代表的なものとして挙げられるのがマンション投資です。

ただ「投資」と聞くと、イメージ的にリスクが高いように感じる人も少なくないでしょう。

ところがマンション投資は数ある資産運用の中でも、リスクマネジメントの行いやすい投資になります。

加えて、リスクだけでなく、マンション投資ならではメリットも魅力的なものがそろっており、近年注目の年金対策として人気を博しています。

では更に詳しく、マンション投資を開設することにしましょう。

年金対策としてマンション投資をおすすめする理由

では単刀直入にマンション投資の大きなメリットを紹介したいと思います。

ローンの返済を家賃収入でまかなえる

年金の場合は受給期間に達するまで保険料を支払い続け、その間の収益は基本的にありません。 しかし、マンション投資であればローンの返済を家賃収入でまかなうことが出来、場合によってはプラスαで毎月収益を上げられる可能性もあります。 また、初期費用が安く抑えやすいため、少額で始めたい人にも適した投資であると言えるでしょう。

資産が残る

他の投資と異なり「不動産」という有形資産が残る為、ローン完済後には安定して家賃収入を得やすくなります。 また、株やFXなどの投資では、変動具合によって一気に資産価値を失ったり損失を被る可能性もありますが、短期的変動が緩やかな傾向にある不動産の場合はリスク管理も行いやすいと言えるでしょう。

以上の通り、総合的に考えると年金対策としてはマンション投資により多くのメリットがあると考えられます。

ローンの返済は家賃でまかない、完済後は継続的な収入を得る。

バランスに優れたマンション投資を、将来設計の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む