緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

奨学金返済地獄~奨学金と地獄について

2015-04-27 奨学金


◆ 奨学金とは?

●奨学金は一般的に、無利子の第一種奨学金と有利子の第二種奨学金が存在し、第一種奨学金は学生の学力などといった側面が重視され、第二種奨学金は保護者の方の年収などが採用基準になります。

採用基準の条件を満たすと大抵採用される第二種奨学金に対し、第一種奨学金について採用に高学力等が求められる事があります。

●第二種奨学金については第一種奨学金と比べ、およそ二倍の金額を受ける事が出来、金利が金融機関からの教育ローンより低率となっていますので、現在は第二種奨学金を希望する学生の方々が増えてるのが現状です。

しかしながら、もし奨学金の返済が出来ない、もしくはそれを三か月間滞納すると、個人信用情報機関のブラックリストに掲載されることになりますので、奨学金制度を利用する場合は、慎重な検討をする必要があります。

◆ 奨学金は地獄?

●奨学金を借りて、ようやく学費の支払いが出来るようになったのはいいのですが、問題はこの後。奨学金は一種のローンのようなもので、学生さんは奨学金の返済と学業に追われるという地獄の日々が続き、大学3年生以降になると就活も加わり、とてもじゃないけど休む暇がないくらい忙しい日々が続きます。まさに地獄の日々そのものなのです。

仮に、バイトのお給料から毎月2万円程度のやりくりで返済するとしましょう。奨学金の返済だけならまだしも、健康保険料や国民年金、国民保険料の支払いも負担になりますので、奨学金の返済をするとしても、国民年金など情け容赦ない支払いの嵐が続き、奨学金を返済したくてもそれがままならないのが現状です。

返済したくてもそれが出来ない理由の一つは、やはり就職が出来ない事です。というのも、就活をしながら安定した職場で働いて、そこから得たお給料で返済額などをやりくりしながら生活するはずでしたが、就職するにも苦労する時代の現在、大学を卒業しても就職していない人がいてもおかしくない時代なのです。

●奨学金は1998(平成10)年から2014(平成26)年の間までに貸与額が4.9倍で、貸与人員で3.7倍と急速に拡大していき、今や学生の二人に一人の割合で奨学金を利用しているのです。奨学金の平均利用額は約300万円程度で、場合によっては約700万円を利用する人がいるくらいです。

実は、奨学金の7割近くを有利子(年利最大3%)が占めているのです。仮に290万円を奨学金として借りたとしましょう。それに有利子がプラスされ、返済総額が約380万円と借りた額より多い金額を返さなければならないようです。

●大学を卒業した約30歳代から50歳代の方のうち、約3人に一人が年収が約300万円以下と少なく、奨学金を返済したとしても奨学金の返済延滞か、または返済猶予を選んだことになります。 年収が約300万円以下の方ならば、奨学金の返済猶予が出来ますが、最長10年が猶予期間となっているため、一括して全額返済せざるを得なくなり、最悪の場合は自己破産にもなりかねないという、まさにローン地獄への入り口そのものです。

◆ 総括

奨学金は学生さんが本来、大学や専門学校へ進学したいのに家庭の経済事情などでそれがままならないための救済措置的存在として活用されていますが、裏を返せば一種のローンそのものなのかもしれません。 表向きは学生さんが生活面などで困っているときに、大学や専門学校などへ進学して勉学に励んでほしいという目的での制度ですが、返済額に有利子がプラスされ、それが返済地獄そのものになってしまうようです。

奨学金を利用して、学費の支払いに役立てればいいのですが、やはり借りた以上はちゃんと返済していくことも大事ですし、奨学金に関する返済計画を立てることも大事ですね。 トップページ



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む