緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

奨学金の借入、返済状況

2015-04-27 奨学金


現在多様な奨学金制度があります。 ① 日本学生支援機構 第一種奨学金(無利息)と第二種奨学金(利息付)があり、どちらも返還の必要があります。奨学金制度の中では最も利用者が多いようです。

② 大学独自の奨学金制度 主に私立大が独自に設けており、貸与型、給付型の両方があります。2年次以降の学生が対象となるケースが多いようで、また、入試で優秀な成績を修めた受験生を対象にした特待生制度では、授業料の一部あるいは全額が免除になることが多いようです。

③ 地方自治体の奨学金制度 自治体が設置している奨学金で、保護者がその自治体の住民であることが条件になっているところが多いですし、また貸与型が多いです。日本学生支援機構の奨学金との併用が不可の場合もあるため、よく調べる必要があります。

④ 民間団体・その他の奨学金 保護者が病気や事故で亡くなったり障害を負ったりした場合に、その子どもを支援する団体や奨学金制度、新聞配達員として働くことで奨学金が受けられる新聞奨学生制度などがあります。

大学生の5割が利用していると言われる奨学金制度。借りる人は増える一方ですが、返済が滞った場合には厳しい取り立てが待っています。 奨学金制度とはいえ、お金を借りることに少し抵抗感を感じる人もいると思います。では、どの程度の人が実際に奨学金制度を利用しているのでしょうか。

日本学生支援機構の「学生生活調査」(平成24年度)によると、奨学金を受給している学生の割合は、大学学部(昼間部)で52.5%、大学院修士課程で60.5%、大学院博士課程で66.2%となっています。 特に大学院生では6割以上と利用割合が高くなっており、大学院の費用まで親が全面的に負担しているケースは少ないようです。 昨今、「奨学金が返済できない」という事例や、「わざと奨学金を返済しない」という事例が増えています。奨学金を借りた団体によっては、生活が苦しい場合には返還の免除や猶予をしてくれます(たとえば、日本学生支援機構)。 どうしても返済が難しい場合は、団体と返済について相談しましょう。 トップページ



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む