緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

投資するマンション投資には、どんなものがあるのですか?

2016-05-18 コラム・ニュース


アパート・マンションを一棟丸ごと購入して賃貸をする以外にも、個人が行う投資としては、ワンルームマンション投資が主要となります。

■人が居住する建物を購入して貸す

一口にマンション投資と言っても、いろいろ種類があります。土地を購入して貸すことや、駐車場として運用することも広い意味ではマンション投資になります。

ただ、一般的に用いられるマンション投資の意味は「建物を買って貸す」ことです。

建物の用途としては「居住用」と「業務用」がありますが、通常、投資対象となるのは「居住用」です。

後者の「業務用」とは、「その物件で事業を営む会社」に貸すということで、いわゆる「オフィスビル」です。これは、もともと土地を所有している人が建てたり、金融資産を多く持っている人が購入したりすることが多いです。

■居住物件は「ワンルーム」と「一棟」に分かれる

主に投資対象になるのは居住用の物件ですが、居住用の物件にもさらに種類があります。

一つは、「ワンルーム投資」です。これは、分譲マンションの一室から購入し、それを賃貸するものです。

もう一つは、「一棟買い」です。賃貸アパート・マンションを一棟丸ごと購入し、全室を賃貸するものです。

■ワンルームの特徴は何か

ワンルーム投資は、一室からの購入なので、少ない資金で行うことができます。

また、分譲マンションは立地を選定して建てられるので、比較的駅近に存在するものが多いです。

立地面での競争力が高いので、コンパクトな面積の割に、高い家賃収入が期待できます。

■一棟買いする物件のパターンと特徴

一方、一棟買いするアパート・マンションは、「もともと、土地を持っていた人がその場所に建てた」ものが中古物件として売りに出されるものが多いです。

売りに出されている土地を買って、そこに新築物件を建てて賃貸する、というパターンもあります。

いずれにしても、立地条件がいいものばかりではないので、エリアによって家賃の額や入居率に差が出やすいです。また、投資に必要な金額も高くなります。

■「はじめはワンルームから」という選択をする人が多い

初めてマンション投資をする方は、ワンルーム投資を選択することが多いです。

少ない資金で手軽にできることに加え、分譲マンションなので管理組合が必ず存在し、管理の負担が小さいので、初めての人でもやりやすいです。

一棟買いは、多額の資金が必要な上、一棟すべてを管理しなければなりません。

ただし、家賃収入は大きいですし、相続税の節税効果も大きいです。

資金に余裕のある人や、節税ニーズが高い人、ワンルーム投資に慣れた人が、一棟買いを行うことが多いです。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む