緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

高齢化社会による問題と対策

2015-04-10 コラム・ニュース


◆ 高齢化社会の問題点

現在日本の高齢化社会の問題点には、看護師や医師などの医療業界の人材不足、社会保障費の増大、介護負担の増大、生産年齢人口の減少など、どれも国に深刻なダメージをもたらすことがあります。看護師や医師などの医療の現場に携わる人達が不足してくれば、全国の高齢者達に医療を受けられない人達が増えてきます。私達が当たり前に感じていた先進国ならではの質の高い医療が受けられなくなる可能性があるということで、これは決して高齢者だけの問題に留まらないだろう。

医療の現場の人材が不足するということは、働き盛りの若者が満足な医療を受けることができず社会復帰が遅れ、若い世代の働き手が不足するということも考えられる。

さらに、医療現場の人材が不足することの恐いところは、問題が単なる人材不足で留まらなくなるというところだ。上に挙げたような働き盛りの世代が満足な医療を受けられなくなるというのもそうですし、国全体の医療の質の低下をも、もたらす。

●社会保障制度の限界

現状の社会保障制度は、3つの柱によって組み立てられているといえて、一つ目が皆保険や皆年金が原則だ。 しかし、高度経済成長期においては正規雇用、終身雇用といったものは当たり前でしたが、現在は非正規、完全失業率の増加、さらには就業意欲の低下した若者が多数存在する時代です。 また、現在のわが国は成長期を終え、停滞期に入ったという部分にも注目したいところです。現行の社会保障制度には、右肩上がりの経済成長というものが必要不可欠になっており、停滞期にこれを維持するのは難しくなっている。 正規雇用や終身雇用が崩されたということは、就業形態の多様化を意味するものでもあって、これによって必ずしも企業の福利厚生が充実しているわけではなくなっている。 また、不況下において企業が福利厚生の縮小をする状況も目立っており、社会保障制度3本目の柱も満足に機能していない状態となっている。

●高齢化対策

女性が活躍しやすい社会になれば、出生率が上がり労働力となる若者の数も増えます。年金加入者も必然的に増え、財政を助けることにつながるだろう。 少子高齢化対策は、超長期的な視点で見れば国の存亡に関わる大きな問題だ。だからこそ政府による一刻も早い対策の実践、そしてこの問題に対する国民一人一人の問題意識も求められているのではないだろうか?

~高齢者が年金・社会保障だけに頼らず資金調達するには?~

近年いろいろな投資方法がある中でマンション経営に投資するのはどうだろう?ハイリスク・ハイリターンの少ない安定した収入限である家賃収入は高齢者に向いているのではないか? トップページ



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む