緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

奨学金の減額って何??

2015-04-13 コラム・ニュース


◆減額返還制度とは?

全く返還できない程ではないが当初約束どおりの返還が困難となった場合、または、返還期限猶予制度を利用していたが少し経済状況が好転し、今後も暫く同様の状態が継続する見込みである場合等について返還猶予制度では、現在の返還負担を将来に先延ばしすることになりますが、減額返還制度では、割賦金額の2分の1を返還することになるため、現在の返還負担と併せて将来の返還負担も軽減させることが可能となります。

◆減額返還制度を利用する場合の手続きとは?

「奨学金減額返還願」に必要な証明書を添付して提出してください。必要な証明書は、願い出の事由や時期により異なりますのでご注意ください。

◆減額返還を利用するにあたっての条件とは?

(1) 災害、傷病、その他経済的理由により奨学金の返還が困難であること。

(2) 願い出の時点で延滞していないこと。

(3) 口座振替(リレー口座)手続きが済んでいること 振替不能にならないように、振替日(通常27日)の前日までに振替用口座(リレー口座)へ入金を済ませておいてください。振替不能が2回連続すると、減額返還の適用が取り消されますのでご注意ください。

(4) 月賦により返還していること。

(5) 個人信用情報の取扱に関する同意書が提出されていること。 同意書未提出の方については、同意書に記入・押印のうえ、「奨学金減額返還願」に添付して願い出てください。

注意点ですが、 複数の奨学生番号をお持ちの方は、奨学生番号ごとの提出が必要です。

◆減額返還期間が終了しますが、まだ当初割賦金額による返還が困難であるため減額返還を継続したい場合は?

減額返還終了の2か月前までに、再度、「奨学金減額返還願」(「奨学金減額返還願」の□にチェックして選択)に証明書を添付して願い出て注意点ですが、減額返還の適用期間は通算して120か月(10年)が限度で減額返還を適用した期間については、減額返還承認通知に承認済期間として表示してありますのでご確認ください。 トップページ



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む