緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

就職先の「理想」と「現実」~20代の退職と転職

2015-04-28 コラム・ニュース


◆ 二十歳代の退職・転職とは?

●二十歳代の転職、それは大学や専門学校等をようやく卒業し、激戦とも云える就職活動に苦戦しながら得る事が出来た就職先を、事情によって辞めざるを得なくなった人もいれば、思っていた職場のイメージと違う現実に戸惑い、そのギャップで辞めざるを得なくなる人もいます。

転職の末の再就職先のイメージについても、年齢的にまだこれからですので自分がやってみたい仕事や、やりがいのある仕事に就いてみたいという意欲がわくことでしょう。

◆ 二十歳代の「退職」と「転職」~仕事の「理想」と「現実」

●激戦区となる就職活動を終え、ようやく入社する事が出来た就職先。これから先、実際に行って頂く仕事に期待をしながら、新たな自分を開拓していくことでしょう。しかしながら、その社会にも人間関係などといった厳しい「現実」が潜んでいたのです。

就職して、色んな世代の人たちと一緒に仕事をすることになる職場で、問題となるのが人間関係です。セクシャル・ハラスメントやパワー・ハラスメントなどといった諸問題はともかく、東京や大阪などといった都市圏が職場の場合、居住先にもよりますが1~2時間近く電車に乗って通勤するための時間がかかることもあるでしょうが、自分が仕事の内容について、就活していた時などでイメージしていたものと、入社して現実は異なっていたりする、いわば理想と現実のギャップの相違にぶつかることもありますが、自分のやりたいこと、いわゆるスキルアップや資格の取得やお金の収入よりも仕事のやりがいが大事だという理由で、最終的に退職という結論を出すことになるのです。

●退職する前に、まず考えてみてほしいのが、今の自分において、今勤めている会社を辞めてまで不満などは解決できるのか。不満にも理由があり、それは会社を辞めなくても解決できるのか、もしくは、これから頑張れば解消できる範疇のものなのかを考える必要があります。

また、今やってみたい事を実現したとしても後先になって後悔することはないのかも考える必要があります。そういう意味でもいったん自分を棚卸してみて、最終的な結論(つまり退職)に達した場合転職に踏み出してみるのもいいでしょう。

●当然ながら退職後は無職となりますので、再就職先が見つかるまでの間はアルバイトなどで食いつないでいかなければなりません。また、転職先が見つからないからって焦ることもないでしょう。

もし本気で転職を検討するならば、在職中の間からでもインターネットの求人サイトに登録して活用したり、転職エージェントと相談してみるのもいいでしょう。20代は年齢的にもまだまだ若く、未来はこれからの世代ですので、職業安定所を活用するのもいいですが、求人サイトや転職エージェントと相談してみるのが確実でしょう。

また、転職については一人で決めるのもいいでしょうが、友人や先輩、職場の同僚などと相談してみるのも一つの手でしょう。周囲から聞いた退職や転職をした時の成功例や失敗談を聞き出すのも有効手段だと思いますし、自分が実際その状況になったとしても、周囲からの話は参考にもなるでしょう。

◆ 20代の退職・転職をした場合の資金調達、そのポイント

●二十歳代といえば、年齢的にもまだまだ若くてこれからの未来を背負って立つ世代です。今まで勤めていた会社を辞めて、転職して新たな職場でこれからの自分がやりたいことを実現し、次のステップへ進んでいくことでしょう。就活などをするために必要なのが資金です。転職をするために必要なのが資金ですし、交通費なども当然ながらかかってしまいます。

そのための資金調達にも色々ありますが、資金調達の一つの方法としてはマンション経営が挙げられます。

●実際にマンションの一室を購入したとしましょう。その時点で始められるマンション経営は、他の投資に比べ比較的小額な資金でスタートが出来る安全性の高い投資であり、投資用として購入した物件を第三者へ賃貸させることにより長期的に安定した収入を見込める経営です。

もちろんこれは投資ですので、当然ですがリスクが無いわけではありません。 マンション価格がバブル期の1/3近く下がり購入しやすくなった事が魅力で、超低金利時代の到来により、ローン金利が最低になりました。貯めて殖えないなら、借りて資産を殖やす時代になった事です。

地価下落・デフレ等と一般的に言われていますが、首都圏や近畿圏などといった大都市圏におけるマンション賃料は、バブル期と比べ殆ど変化が無い事等が低負担・低リスクでマンション経営が出来る魅力の一つです。 トップページ



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む