緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

アラサー世代の退職と転職~30歳代の退職・転職の話

2015-04-24 コラム・ニュース


◆ 30歳代の退職・転職とは

●30歳代、いわゆるアラサー世代の退職や転職となると、会社からすれば入社した時からの経験を有しておきながら貴重な戦力として成長した人材を、手放すことを意味しています。でもそれは、自分にとって新たな道の開拓をし、そこで心機一転活躍することを意味しています。

年齢的には、二十歳代と離れてしまいますが今までの職種などで得られた経験などを活かして、就活活動をしてみましょう。

◆ 30歳代の退職と転職について

●退職の意思が固まったら、会社の上司へのご相談が前提となりますが、結婚して奥さんがいらっしゃるならば、その旨を伝えることも重要です。そして行動を移すのならば、転職先を見つけてから会社を辞める決断をすることが大事です。

会社を辞めるタイミングですが、忙しい時期、つまり繁忙期を避けての退職をすることも重要です。なぜならば、一番忙しい時期に欠員が出たらそれだけでも大変なのです。また、直属の上司にもその旨を伝えることが大事です。そして公認の方とも業務の引継ぎなどについて話をし、業務を円滑に進めたうえでの退職が重要で、また、退職届を出すのは実際に退職する一か月前くらいに出したほうがいいでしょう。

●退職・転職の理由の一つとしては、自分のスキルアップが多いようです。今までの経験を活かしながらさらにスキルを上げて、自分の底上げにも繋げていきたい事などが挙げられます。 それ以外に給料面などに対する不満や、パワハラ上司に遭遇してしまったが故に退職を余儀なくされたケースもあります。

それ以外にも会社の人員削減などといった解雇、いわゆる会社都合での解雇も挙げられ、転職を余儀なくされることがあります。 転職先を探すとした場合、職業安定所やインターネットのサイトなどを活用する手段がありますが、人材派遣会社への登録も一つの手です。

人材派遣会社の活用をすることによって、正社員への転職もできることでしょうし、自分がやってみたい仕事について転職カウンセラーの方との相談も可能です。 伝えておくことは、希望する職種や業種、今までの経験などを伝えておくことも重要です。自分が持っているスキルなどの条件によっては、非公開求人の紹介が出来るので、活用してみるのもいいでしょう。

◆ 30歳代の退職・転職にも就活活動費が必要です~資金調達に使えるマンション投資について

●就活をするにも活動費が必要で、履歴書を購入したり証明写真の撮影、それに電車やバスなど公共交通機関での移動など、様々な費用が必要となっていきます。前の職場のお給料や雇用保険などの活用もありますが、マンション投資の活用も挙げられます。

マンション投資に関するメリットは、その物件に入居者が入居してから退去するまでの、平均2年間は安定した収入が得られる事などがあげられます。

マンション投資は地価上昇時、不動産の売却をする事でも売却時の利益が得る事が出来ますし、自身が物件や不動産会社の選定から賃貸管理まで事業全般に関わることにより、飛躍的に収益を上げることも可能ですので、自由度が高い資金調達法となっています。

●資金調達は予想よりも簡単です。仮に自己資金が少なかった場合、投資する不動産から得られるであろう収益を担保に、金融機関からお金を借りる事が可能ですので、賢い資産運用として10~20年先を見据えて投資するのも一つの手です。 入居希望者なしで空室期間が長引くと、考えていた賃料が得られず投資資金を回収出来ないこと等が生じますが、この場合入居条件を緩める事でリスクは軽減できるでしょう。

アパート経営をする大家は家賃を下げる・リフォーム実施・更新料を無料にする・不動産仲介業者には積極的に営業してもらい、逆に女性限定のアパートにするなど、他のリスクも想定しましょう。

自然災害は突発的なもので予測はなかなかできないものです。当然ながら地震や火災で建物が無くなってしてしまう危険が伴います。 それら各種災害を想定し、保険への加入は勿論の事、耐震性と防火性の高い物件を選部事も大事です。 地価下落を想定した場合、資産としての価値が低くなってしまう可能性があります。不動産はパッと現金化することはできません。

投資をしたくとも資金不足の場合、マンション投資に対して積極的に融資している銀行等ローンを組む事が出来ますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。 トップページ



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む