緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

おすすめの不労所得を一挙公開!人気の資産運用とは?

2017-08-18 コラム・ニュース


不労所得のおすすめ

不労所得によって資産形成に成功している方々がおすすめする不労所得とは、どういった資産運用方法なのでしょうか。

不労所得と一言で言っても数多くの投資方法があり、投資者の職業や年収、また普段の忙しさ等からも、向いている資産運用の種類は個々に異なり、様々な選択肢が有ります。

ところで、日本のサラリーマン比率は約90パーセントと、先進国の中でもダントツに大きい比率を占めているということを御存知でしょうか。

そこで今回は、日本人の働き方の中で最も大きな割合を占めている、一般会社員、サラリーマンに1番向いていると言える資産運用方法をご紹介していきたいと思います。

日々忙しく働くサラリーマンに1番向いていると言える資産運用方法、それは不動産経営です。

この記事をきっかけに、サラリーマン大家さんとして不労所得を得るという資産運用に少しでも興味を抱いて頂けたらと思います。

不労所等の種類と内容は?

toushi

不労所得とは文字通り、勤労所得の反対で、働かずして所得を得ることです。

不労所得の種類は沢山有り、その中でもマンション投資、株式投資、FXの3つは不労所得の中でも代表的なものです。

その中でも取り分け有名なものが不動産経営によるマンション投資で得る不労所得です。

遥か昔から行われてきた、最も堅実的な資産形成方法です。

不動産経営と言えば、少し前まではお金持ちの土地持ち大家さんのイメージが強かったとは思いますが、近年ではその比率は覆り、マンション投資によって不労所得を得ている方の約9割が普通のサラリーマンの方々です。

普段、一般企業に勤める会社員として忙しく時間に追われている為、中々副業として時間の取られる資産形成方法には手を出し難いサラリーマンの方々。

まさにそのサラリーマンの方々に打って付けな資産形成方法がマンション投資なのです。

通常通りに日々の仕事に打ち込み勤労所得を得て、あとは毎月不動産経営による家賃収入として振り込まれる収益を確認していれば良いのです。

管理業務や、仮に家賃滞納が起こった際の督促業務など、そんな少し考えただけでも面倒くさくてしょうがないような業務は信頼できる管理会社に任せてしまえばいいのですから。

まるで、不動産経営によるマンション投資方法はいいことしか無い様に聞こえてしまうかもしれません。

しかしながら、実際デメリットに比べメリットが多すぎるのです。

株式投資やFXにも確かに当たれば一瞬で大金が舞い込んでくるといった大きな魅力はあります。

しかし、勝った場合の収益金額が高い分、初期投資も大きく、そして何より負けたときのリスクが大きすぎます。

長期的に安定した収益を得たいのであれば、迷うことなく不動産経営によるマンション投資での家賃収入による収益を選ぶことをお勧め致します。

不労所得はメリットとデメリット両方に注目するのがポイント

不労所得 メリット デメリット

不労所得と一口に言っても、それぞれの資産運用方法にはメリット・デメリットの双方が少なからず存在しています。

どれだけリターンが多くても、ハイリスクで損失を被る可能性がある場合はリスク管理にもしっかりと注意を払わなければいけません。

逆にリスク管理がしやすくても、リターンが少なければ不労所得としての魅力が下がってしまうでしょう。

自分の性格や知識、興味のある分野などを総合的に考えて資産運用することが、不労所得のひとつのコツであることを覚えておいてください。

ちなみに、あくまで「不労所得」として資産運用を考えている場合は、リスク管理に手間がかかりすぎるのも考えものです。

あまりにも手間がかかりすぎると、本当の意味で不労所得とは言えなくなりますので、手間や管理にかかる労力も考慮するようにしましょう。

株式投資のメリットデメリット

sddcd

様々な投資方法がありますが、マンション投資の次に有名なのは株式投資ではないでしょうか。

株式投資も昔からある投資方法です。

株式投資のデメリットは、利益を出すことがとにかく難しいということです。

投資を考え、実際に始めようとしている方々ですから、お金を増やすことを目的とし、直ぐにでも大きな金額を稼ぎ出したいと御考えの方も多いかと思います。

一瞬で大金を手に入れるチャンスがある株式投資はそういった面でとても手っ取り早く収益を上げることの出来る魅力的な投資方法に感じるかもしれません。

ですが、「資産を増やしたい」、「投資に手を出してみよう」、「最短で大金を手に入れたい」、「株式投資にチャレンジしてみよう」、「一瞬で大金が手に入った」、なんて話は少なくとも私は聞いたことが有りません。

そんなローリスク・ハイリターンな投資方法があったら全ての人々がお金持ちです。

株式投資はハイリスク・ローリターンです。

株式投資が初心者の方達は、始めは大きな収益を得ることしか目に入っていないことが多いです。

株式投資はハイリスクであり、収益を得ることが難しく大損をし、逆に借金まみれになってしまう可能性も大きい等と聞くことは多くとも、根本的に株式投資という投資方法を理解していない為、どんなことがどういった風に難しいかすら理解出来ていない為、ほんの少し株式投資について勉強をすれば瞬く間に大きな利益に繋がるのではないかと希望を持ってしまうのかもしれません。

しかしながら、超幸運の持ち主であればもしかしたら一瞬で大金を稼ぐことも可能かもしれないと考えると、株式投資もそれはそれで良いのかもしれません。

たった1日で億万長者になれるチャンスが有るところが株式投資の最大のメリットなのですから。

ただ、株式投資に無知な一般の方が株で成功を手に入れようとするのは、宝くじの一等を当てようとするのと同じくらい無茶な確立でしょう。

FXのメリットデメリット

不労所得 資産運用 FX

近年、気軽に小額から始められる投資方法として、FXという投資方法を聞いたことがある方が多いのではないでしょうか。

FXとはForeign Exchange Margin Tradingの略語で、日本語では外国為替証拠金取引と言います。

FXのメリットは取引会社によっては約4000円という小額から投資を始められますし、レバレッジという取引方法を使えばほんの少しの投資金額でも大きな金額を動かすことができます。

その金額はレバレッジ資金を担保にし、なんとその投資金額の25倍もの投資取引を行うことが出来るのです。

しかしながらFXとは24時間夜通しの戦いです。

24時間、世界中の投資家達とお金を取り合って戦うことになるのです。

レバレッジが低いとリターンも小額ですし、とは言っても高いレバレッジでFX取引をするということは取引の見極めに失敗した際、とても大きな損失額が発生してしまいます。

更にFX投資のデメリットを挙げると、レバレッジ金額が高額であるということは、短期間で元本割れを起こし、資産までも吹き飛ばす程の大きな損失を被る可能性が大きいということです。

昨晩まで数千万あったはずの残高が、一晩眠って朝に確認したらゼロになっていた、という話も少しも珍しい話ではありません。

ネットや雑誌でもFX取引をしている人の多くが失敗をしており大損を被っています。

FX取引によって多額の借金を抱え、自殺をしてしまった方も多く存在します。

命を絶ちたくなる程の負債を負ってしまったとき、日本には自己破産制度がありますが、FX投資や株式投資で負債を負ってしまったときには自己破産は出来ません。

破産法によりギャンブルや投資で負った借金は免責不可事項に当たり認めて貰えないのです。

清水の舞台から飛び降りる思いでトレードし、儲かったらラッキー、大損したら自己破産で多額の負債金はチャラ!なんてFX投資によるふざけたトレードを回避する為の当然の法律です。

FX投資を始めなければ元本割れのリスクも回避できますし、安易にFX投資を始めないことが1番のリスク回避かもしれません。

預金のメリットデメリット

不労所得 資産運用 預金

ここまでに挙げた株式投資やFXは基本的に「手間のかかる資産運用」です。

市場の動きをチェックしたり、情報収集に奔走したりと、利益をあげる確率を高める為にはかなりの手間がかかってしまう場合がほとんど。

それに比べると預金は手間のかからない資産運用の代表格であり、まさしく典型的な「不労所得」になります。

定期預金や普通預金をイメージしてみてください。

口座にお金を預けるだけで、それ以外に自分自身の管理や手間はかかりませんよね?

そのため不労所得、つまり労力をかけずに所得を得やすい資産運用だと言えるのです。

ただ、あくまで不労所得の価値は管理や手間の少なさだけで決まる訳ではありません。

不労所得。つまり「所得」である以上は一定のリターンに期待できなければいくら管理や手間が少なかろうと有益とは言えないでしょう。

そう考えると、預金はリターンが少ないケースが多く、特に日本の定期預金などではこの現代において効率的なリターンを得ることが難しくなるのもまた事実です。

マンション投資のメリットデメリット

不労所得 マンション投資 メリット デメリット

日々忙しく働く日本の一般サラリーマンに1番向いている投資、それは不動産経営によるマンション投資です。

マンション投資には幾つかのメリットがあり、そのメリットが上述致しました日本の一般サラリーマンのライフスタイルにぴったり当てはまるのです。

日頃一般企業に勤めているサラリーマンの方は1日の大半の時間を会社員として就業している為忙しく、投資をしようにも時間的余裕が殆ど無いので、株やFXといった常に動向をチェックし続けなければ、大きな負債を負うリスクのある投資方法には本来不向きです。

その点、不動産経営による投資は日々忙しく働く合間をぬって動向を注視し続ける必要性もありませんし、毎月決まった日に家賃による不動産収入を確認するだけで良いのです。

もっと言ってしまえば、その作業さえ信頼出来る不動産会社に頼んでしまえば本当に何もせずとも家賃収入という収益を得る事が出来るまさに不労所得です。

そんなマンション経営にも勿論デメリットはあります。

それは空室と入居者の家賃滞納です。

しかしながら、この点に関しましては最初の物件選びと、信頼の置ける管理会社に任せることでクリア出来ます。

最良の収益物件になりますよう、変に田舎だったり駅から遠すぎるなど、マイナスポイントになる点が少ない収益物件を選べば良いのです。

そうすれば入居者は自然と途切れることもなく、半永久的に家賃収入が入ってきます。

あとは管理会社に任せておけば家賃滞納者の家賃督促等、面倒くさい作業は全て賄ってくれます。

実は、マンション投資にはデメリットとは言ってもクリア出来ないデメリットはほぼ存在しないのです。

マンション投資の始め方

不動産 不労所得 始め方

マンション投資の始め方は至って簡単です。

収益物件となる物件を購入すると、あとは毎月の家賃収入が振り込まれてきます。

敢えて面倒くさい点を1つ挙げるとしたら、この最初に行う収益物件探しでしょう。

しかしここさえ間違わなければ不動産経営によるマンション投資にあたって他に特筆する程の難しいことはほぼ有りません。

多くの方が不安に思われるであろう初期費用ですが、今や約9割のマンション投資者が一般のサラリーマンです。

近年の金融緩和によって金融機関からの融資も受け易くなり、纏まった貯金が無くとも始められるお財布にも非常に優しい投資方法です。

ローリスクにも関わらず、上手くいけばハイリターンも期待出来ます。

忙しい日本のサラリーマンが時間を掛けずとも安心して堅実に資産運用を始めるにはマンション投資が1番向いているのです。

実際に不動産経営を始めるとなったら信頼できる管理会社を選びましょう。

管理会社は入居者募集から建物管理や部屋管理、入居者による家賃滞納時の督促作業等、ありとあらゆる細かな雑用業務を担ってくれます。

ですので、実際に投資用マンションのオーナーになった際、すべき業務は殆ど無いと言っても過言ではないのです。

不動産コンサルタントFP事務所では、収益に繋がり易い投資用不動産のご案内から購入後の資産運用方法等、最初から最後まで責任を持って不動産経営のお手伝いをさせて頂きます。

不動産経営に興味は有るけれど、なかなか手を出せずにいらっしゃる方は不動産コンサルタントFP事務所へ是非1度御相談にいらしてください。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む