緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

不労所得を得たい!サラリーマンに人気の副業とは?

2017-06-22 コラム・ニュース


一般的に副業といえば、データ入力、投資信託、ポイントサイト、株取引などが思い浮かばれると思います。

しかしながら、サラリーマンが会社勤めをしながらそういった副業をしようと思ったとき、週末や祝日といった限られた時間で行わなければなりません。

今、最も注目されており人気がある副業は、そんな貴重な休みを副業に充ててまで働かずとも不労所得として半永久的に収入を得る事が出来るマンション投資です。

不労所得者の割合ってどれくらい?

不労所得とは働く必要のない所得で、労働をしなくても収入があることを言いますが、現実には一体どのくらいの人々が不労所得を得て生活しているのでしょうか。

近年では先進国になればなる程、年々不労所得者の人口は増加しており、一般のサラリーマン家庭でも収入源は多ければ多いほど良いと考え、実行されている方々が非常に多くなっています。

不労所得にも様々な方法がありますが、今非常に人気急上昇中なのがマンション投資です。

マンション投資はアフィリエイトのように、広告の才能が無い人にはアフィリエイターとしての十分な副収入を得難い不労所得とは違います。

上述同様、印税生活のような誰にでも出来る訳ではない不労所得とは違い、簡単に且つ確実に不労所得としての収益を得る事が出来るのがマンション投資です。

マンション投資は宝くじのように当たるか当たらないかも分からない紙切れをひたすらに買い続け、幸運を待ち続ける賭け事ではなく、リアルに毎月安定した収益を得られ続ける不労所得です。

近年、マンション投資は不労所得を得る方法のなかでも、非常に簡単に始められるものに分類されており、土地持ちの資産家が稼げる投資方法という考えはもう昔の話です。

一般の会社員を中心に、不労所得による副収入の得方として今非常に高い人気を集めているのが不動産経営なのです。

株式投資による不労所得はリスクが高い!

株式投資とマンション投資では、株式投資で半年に1度得られる配当金よりも、マンション投資による毎月の家賃収入のほうが収入としては断然大きいので、不労所得として安定的に収益を得たいと考える場合、マンション投資をお勧めします。

株式投資は不労所得としての株式配当による収益が低いだけでなく、リスク回避が非常に難しくマイナスになってしまうことも多々あります。

夢のような億単位のサクセスストーリーの、その何十倍、何百倍もの人達の地獄のストーリーが存在しているというのが株式投資の現実です。

株式投資で大損をし、地獄に落ちるのは一瞬です。

数ある投資方法の中でも、株式投資は最も知識の深耕を必要とする投資方法であり、不勉強による浅はかな知識で臨むことはとても危険であり、初心者が手を出すには物凄くハードルが高い投資方法と言えます。

近年、サラリーマンや主婦に人気があるとされている株式投資ですが、本来株式投資で大きな儲けを出すには初期投資である元本も大きくなければいけません。

金額が大きくなればなるほど時間も費やさなければならない株式投資は忙しいサラリーマンには不向きです。

実際に気軽に株式投資に手を出してしまっているサラリーマンは、「株式投資とは一体、何なのか?」が分かっておらず、「株式投資の是非」の判断も出来ない状態の方でしょう。

マンション投資で不労所得を得るのは難しいの?

マンション投資によって不労所得を得ることは難しいことではありません。

むしろ、不動産経営によって不労所得を得ることは、投資方法としては最も簡単で手を出しやすく、更に収益も安定しているという確実な投資方法であると言えます。

株式投資と比較して考えると、マンション投資によって不労所得を得ることの簡単さがより分かりやすいと思います。

元本割れを起こしマイナスになってしまうかもしれないという、負の可能性を大いに秘めた株式を、長期的に保有し続けなければならない不安定な株式投資に比べて、長期的に安定して一定の収益を生み出し続けてくれるマンション投資は、まさに打ち出の小槌です。

収益物件という打ち出の小槌を手に入れさえすれば、後は何もせずとも毎月決まった家賃収入が口座に振り込まれ続けるのですから、まさに不労所得です。

不安に思うのはマンション購入の際、最低条件として必要な初期費用、頭金かと思いますが、近年の金融緩和により一般の会社員でも融資を受け易くなったことによって、この不安は解消されています。

それどころか身元のしっかりした一般の会社員の方が収入も安定しているので、金融機関からの信頼が厚く、信用度が高い為、審査も通りやすいのです。

その為、近年では一般のサラリーマンの中で、不労所得を得る為の投資方法として、最も簡単で始めやすいという理由で不動産経営が非常に注目されています。

不労所得の税金の仕組みとは?マンション投資の豆知識

不労所得も所得ですので、納税の義務が有ります。

普段サラリーマンとして会社勤めをしていると、税金関係の全てが会社任せになってしまうので、どうしても税金に関しては無頓着になってしまっている方が殆どだと思います。

ですので、会社からの勤労所得以外に、副業での別収入を得ると、税金はどうなるのかについて無知な人が多いのではないでしょうか。

不動産経営によって得た不労所得は、不動産所得としての所得税を納税しなければなりません。

自身で納税を行わなければならないと聞くと、少しばかり面倒くさそう、難しそう、等といった印象を受けるかもしれません。

しかしながら、納税方法は至ってシンプルで簡単です。

毎月得られる家賃収入から、管理費や修繕費、積立金といった所謂必要経費を差し引き残った金額が不動産所得となります。

家賃収入と不動産所得は別物、と認識して下さい。

課税対象となるのは上述で説明させて頂いた不動産所得と、普段会社から支払われている給与所得を合算した合計金額です。

この合計金額に応じた税額を、毎年確定申告するのです。

必要書類を集めて収支内訳書を作成したら、あとは確定申告書類と源泉徴収表の原本を自宅の最寄りの税務署へ提出するだけです。

マンション投資に税金は付き物ですが、難しい作業ではありませんし、それどころか家賃収入にかかる必要経費を全て計上し、不動産所得を低く申告することによって、結果として所得税額の節税に繋がり税金が還付されて戻ってくるのです。

近年、マンション投資が一般のサラリーマンから絶大な人気を集めているというのも大きく頷けます。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む